医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【19年度改定調査】後発品調剤、8割に迫る-一般名処方も大きく前進

【19年度改定調査】後発品調剤、8割に迫る-一般名処方も大きく前進

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月18日 AM10:15

後発品の使用促進策に関する2018年度診療報酬改定の影響を検証した19年度調査の報告書が、15日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。保険薬局対象の調査では、一般名処方の割合は51.5%で前回18年度調査から8.2ポイント増加。今年4~6月の後発品の調剤割合も77.1%で、17年度同期から16.5ポイント増加しており、後発品使用が一層加速していることを裏付ける結果となった。

今年4~6月の3カ月間の後発品調剤割合を見ると、「85%以上~90%未満」が22.3%(17年度同期比16.5ポイント増)で最も多く、次いで「80%以上~85%未満」が21.6%(9.1ポイント増)、「75%以上~80%未満」が12.6%(6.4ポイント減)の順で、全体平均は77.1%と8.7ポイント増加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて
  • 【厚労省検討会議】ロゼレムのOTC化難しく-褥瘡医薬品にも厳しい声
  • 【厚労省】薬剤調製や監査の評価新設-敷地内、基本料見直しへ