医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 宝塚市内の受診で多剤抑制-調剤レセプト解析で明らかに

宝塚市内の受診で多剤抑制-調剤レセプト解析で明らかに

読了時間:約 2分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 AM11:00

兵庫県宝塚市内の病院を利用する患者は、市外の病院を利用する患者に比べて多剤併用()になりにくいことが、ビッグデータの解析によって明らかになった。宝塚市立病院薬剤部、、近畿大学薬学部の研究グループが、国民健康保険の宝塚市在住患者(74歳以下)の調剤レセプトデータを解析したところ、多剤併用が少ない傾向が示された。宝塚市では2015年から多職種が連携し地域全体でポリファーマシーの適正化に取り組んでいる。研究グループは「取り組みの成果が数値として表れたのではないか」としている。

ポリファーマシー適正化に取り組む宝塚市立病院薬剤部のスタッフ。前列が吉岡薬剤部長

■地域全体の取り組み反映

研究グループは、国民健康保険の宝塚市在住の患者(74歳以下)約2万人を対象に、15~18年の4年間における各6月の調剤レセプト請求データを調査。内服薬が28日以上処方された患者を抽出し、6剤以上の多剤併用に関係する因子をロジスティック回帰分析で解析した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【臨床腫瘍学会】CSTD使用、投与時も必要-国内外指針や基準で明記
  • 【参院選】本田顕子氏が初当選-「薬剤師の地位向上に努力」
  • 【上田薬剤師会】非薬剤師業務、研修計画を策定-厚労省通知受け、8月実施
  • 【熊本機能病院薬剤部】中規模病院でフォーミュラリー-同効薬を推奨、医師が選びやすく
  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要