医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革WG】遠隔服薬指導の導入を-対面原則が患者負担に

【規制改革WG】遠隔服薬指導の導入を-対面原則が患者負担に

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月23日 AM10:30

政府の規制改革推進会議「医療・介護ワーキンググループ」は20日、遠隔診療の実態について、タブレット端末を用いた遠隔診療を実践している福島県南相馬市の小高病院からヒアリングを行った。看護師を派遣することで患者の状態を聞き出しやすい診察を進めている一方で、遠隔で服薬指導できないことが患者の負担になっている現状を指摘。委員からも、遠隔による服薬指導の導入を求める声が相次いだ。

南相馬市小高区は、東日本大震災以降に高齢化が急速に進み、高齢化率が50%を超えている。そのため小高病院は、外来・訪問・遠隔を組み合わせた診療を提供している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ
  • 【厚労省】零売の不適切事例を整理-処方箋なし購入可とPR
  • 三菱ケミカルグループ、コロナワクチン供給できず-カナダ政府と契約、商用生産に課題
  • 薬局で検査キット無料配布-神奈川など一部県で実施
  • 【厚労省】サル痘予防で国内初承認-天然痘ワクチンの一変