医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 重症筋無力症、重篤率高く-慶大・鈴木氏ら、オプジーボ副作用を解析

重症筋無力症、重篤率高く-慶大・鈴木氏ら、オプジーボ副作用を解析

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月21日 AM10:30

」による重篤な副作用として知られる重症筋無力症の発生頻度は低いものの、発症した場合は重篤になる確率が高いことが、慶應義塾大学内科学教室の鈴木重明専任講師らの共同研究で明らかになった。研究成果は、米国神経学会誌「ニューロロジー」に掲載された。

「オプジーボ」は悪性黒色腫や肺癌など広く有効性を発揮する一方、これまでの抗癌剤に見られない副作用が報告されている。その中で、重症筋無力症は免疫異常により、体全体の筋肉、部分的な筋肉が動かなくなる病気で、薬の服用と関係なく発症する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要
  • 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」-調剤料の20年改定見通し
  • 【大阪府薬務課】お薬手帳活用のモデル事業-後発品服薬状況、医師に伝達
  • 【JICA】キルギスで薬剤師国試創設-日本型教育モデルを導入
  • 【中医協総会】無薬局町村の問題議論-かかりつけ進まぬ現状も指摘