医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 重症筋無力症、重篤率高く-慶大・鈴木氏ら、オプジーボ副作用を解析

重症筋無力症、重篤率高く-慶大・鈴木氏ら、オプジーボ副作用を解析

読了時間:約 1分14秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月21日 AM10:30

」による重篤な副作用として知られる重症筋無力症の発生頻度は低いものの、発症した場合は重篤になる確率が高いことが、慶應義塾大学内科学教室の鈴木重明専任講師らの共同研究で明らかになった。研究成果は、米国神経学会誌「ニューロロジー」に掲載された。

「オプジーボ」は悪性黒色腫や肺癌など広く有効性を発揮する一方、これまでの抗癌剤に見られない副作用が報告されている。その中で、重症筋無力症は免疫異常により、体全体の筋肉、部分的な筋肉が動かなくなる病気で、薬の服用と関係なく発症する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】後発品を基礎薬に指定を-要件見直しに慎重意見多く
  • 【中医協】病棟加算の施設基準緩和へ-常勤1人も可、中小に配慮
  • 【愛知県薬】非薬剤師向け研修会開催-事務職など150人が受講
  • 【医療薬学会】改正薬機法対応で新認定制度-「地域薬学ケア専門薬剤師」設立
  • 【財務省】診療報酬、マイナス改定不可欠-調剤料「大胆に縮減すべき」