医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【明薬大調査】短い服用期間はOTC有利-便秘薬等で自己負担額安く 

【明薬大調査】短い服用期間はOTC有利-便秘薬等で自己負担額安く 

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月22日 AM10:45


■使用促進へ国民に周知必要

医薬品の適正使用期間が短い疾患領域については、医療機関を受診し院外で医療用医薬品をもらうより、同じ成分のOTC医薬品を購入して対処する方が自己負担費用を安く抑えられる場合があることが、明治薬科大学社会薬学教授の古澤康秀氏らの調査で明らかになった。OTC薬の使用促進のために、その事実を国民に周知することが求められるという。一方、適正使用期間が長い領域ではOTC薬の方が自己負担費用は高くなる傾向が強く、製薬企業の努力や国の支援が必要としている。

古澤氏らは、現在販売されているOTC薬のうち、単味剤であり、同成分の医療用医薬品が存在する25領域148品目を抽出し、調査を実施した。OTC薬の添付文書に「○日服用しても症状の改善が見られなかった場合は医師、薬剤師に相談してください」などと記載された期間を、適正使用期間に設定。適正使用期間を満たす最小包装単位の希望小売価格を、OTC薬の自己負担費用として算出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案
  • 【政府】コロナワクチン供給で合意-米ファイザーと6000万人分
  • 【AMED】創薬ライブラリーの基盤構築-複数企業化合物を一元管理
  • 【厚労省】39医薬品に不適切疑い-販売活動監視事業で報告書
  • 【第一三共】抗体薬物複合体で大型契約-英AZから最大約6600億円