医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医薬品医療機器総合機構、包括的連携協定創設―中核病院などに対象拡大

医薬品医療機器総合機構、包括的連携協定創設―中核病院などに対象拡大

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年03月13日 AM09:45


■連携大学院を発展的解消

(PMDA)は、これまでの連携大学院に代わる制度として、新たに「包括的連携協定」を創設する。広範な協力・連携体制を構築するため、連携大学院を発展的に解消し、連携対象を大学だけでなく、国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター)や、質の高い臨床研究を進める病院や研究機関にまで拡大。連携する項目や内容も、双方で協議しながら選択・設定できるようにする。連携の基盤を双方向の人材交流にすることで、特徴ある効果的な連携を目指す。PMDAは今後、連携を希望するアカデミアと協議を進める。

連携大学院では、修学職員として受け入れた連携先の大学院生に、医薬品・医療機器の審査・安全対策の実務経験を通じて、エビデンスに基づいた有効性、安全性に関する基本的な判断能力を身につけてもらい、そこで得た知識・経験をもとに論文を作成し、博士号を取得するなどの取り組みを行っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など