医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医薬品医療機器総合機構、関西支部の面談46件に―薬事戦略相談の実績公表

医薬品医療機器総合機構、関西支部の面談46件に―薬事戦略相談の実績公表

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月18日 AM09:45

(PMDA)は、3月31日までに実施した薬事戦略相談の実績を公表した。担当者が事業内容や手続きを説明する「個別面談」が657件、相談内容を整理する「事前面談」が753件と大幅に増加。審査チームと科学的に議論する「対面助言」が192件と増加した。関西支部でも、個別面談が20件、事前面談が26件と着実に増加している。

個別面談は、医薬品関係が206件(31%)、医療機器関係が404件(61%)、再生医療関係が47件(7%)が行われた。医薬品の相談は、大学が104件、企業・ベンチャーが74件と増加し、医療機器では引き続き企業・ベンチャーが262件と多かったが、大学からも106件あった。再生医療関係は、大学が22件、企業・ベンチャーが20件となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品