医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医薬品医療機器総合機構、関西支部の面談46件に―薬事戦略相談の実績公表

医薬品医療機器総合機構、関西支部の面談46件に―薬事戦略相談の実績公表

読了時間:約 1分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年04月18日 AM09:45

(PMDA)は、3月31日までに実施した薬事戦略相談の実績を公表した。担当者が事業内容や手続きを説明する「個別面談」が657件、相談内容を整理する「事前面談」が753件と大幅に増加。審査チームと科学的に議論する「対面助言」が192件と増加した。関西支部でも、個別面談が20件、事前面談が26件と着実に増加している。

個別面談は、医薬品関係が206件(31%)、医療機器関係が404件(61%)、再生医療関係が47件(7%)が行われた。医薬品の相談は、大学が104件、企業・ベンチャーが74件と増加し、医療機器では引き続き企業・ベンチャーが262件と多かったが、大学からも106件あった。再生医療関係は、大学が22件、企業・ベンチャーが20件となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ボツリヌス毒素量が規格外-安全に問題なし、新ロット提供
  • 電カル情報、多施設で集積-阪大病院など19施設、製販後調査や創薬に活用可
  • 【厚科審部会で論点】臨床研究、国費を重点化-民間資金の一層活用促す
  • 厚労省・安川薬事企画官、GDP導入「各社が考える時期」-品質確保の取り組み促す
  • 【厚労省検討会】緊急避妊の対面例外を検討-オンライン診療指針見直し