医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 行政・経営 > NTTデータ、台湾PCメーカーFITと共に、医療分野で世界展開へ

NTTデータ、台湾PCメーカーFITと共に、医療分野で世界展開へ

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年08月04日 PM01:00
NTTデータとFICが共同事業

2012年8月1日、株式会社NTTデータは、台湾のハードウェアメーカーであるFirst International Computer(FIC)と組み、ヘルスケア分野で新サービスを世界展開すると発表した。

NTTデータは、積極的に海外での事業拡大や商品力強化に取り組んでおり、なかでもヘルスケア分野は「成長エンジン」と位置付け。

M2M分野で応用の期待されているワイヤレス技術に強みをもつFICとの事業連携で、より一層の事業拡大が期待される。

FICとはどんな会社?

FICは業界に特化したデバイス・ハードウェアなどの生産を手がけており、技術力が高いことで有名。質や付加価値の高い製品を生産することから、法人向けPCおよびタブレット市場では、北米や欧州地域にも強固な顧客基盤があるという。

また、NTTデータとは、以前に金融分野で合弁会社「衆電系統(股)有限公司」を設立した実績もあるそうだ。

今回の共同事業では、そんなFICが持つ専用端末の製造ノウハウと、NTTデータのワイヤレスヘルス、モバイルヘルス、M2M(Machine to Machine)、Xrosscloudなどを連携させ、在宅医療や遠隔診断の支援につながる先進的なヘルスケア関連サービスの創出を目指す。

業務提携の背景について

現在、先進各国では、ヘルスケア分野における情報収集とその活用の重要性の高まりとともに、業務の効率化も課題となっているという。

そこで、M2Mなど、センサーデバイスやモバイル端末を利用したヘルスケアサービスを提供することで、モニタリングの自動化を実現。人手を介さず病院外での患者対応を可能にするなど、効率化を訴えたビジネスチャンスの獲得が狙いだ。

まずは米国市場、その後新興国も視野

共同事業に関しては、まず米国市場でサービスを開始するという。

米国市場は、ヘルスケア分野での制度改革とIT導入が進んでいるのが理由だそうだ。それが成功すれば、その後先進各国へ。さらには、医療分野でインフラ整備を急務としている新興国などにも進出も考えていることを示した。

サービスの開始時期や、具体的なサービス内容に関しては、今後詳細が決定するという。両社提携の相乗効果が、医療現場を改善するよう期待したい。

▼外部リンク

先進的ヘルスケア関連サービスの創出に向けた台湾・FIC社との共同検討
http://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2012/080101.html


http://www.nttdata.com/jp/ja/

FIC
http://www.fic.com.tw/

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 行政・経営

  • 【全自病研修会】タスクシフトめぐり議論-処方代行入力、医師は高評価
  • 厚労省・樽見医薬局長、改正薬機法「11月中に成立を」-20年度改定論議の前提見込む
  • 【岡山大学病院】睡眠薬整理へ専門外来開設-減薬方法を地域医に提案
  • 【台風19号】薬局の浸水被害広がる-宮城など203件、都市部も直撃
  • 【厚労省】台風19号の被害103薬局に-浸水で営業不可の店舗も