医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

アルヴォテックはアッヴィによる最近の主張に疑義

2021年03月29日 AM11:17
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

アイスランド・レイキャビク

(ビジネスワイヤ) — アルヴォテックのHUMIRA®(アダリムマブ)バイオシミラー候補であるAVT02に関するアッヴィの不正主張に対して、アルヴォテックは強く異議を提起しています。アルヴォテックは、このような嫌疑に対して精力的な防衛を行います。

特に、アッヴィは、嫌疑対象の不正が行われたとされる日から本事件を提起するまでに3年以上待っており、この提起は、アッヴィの元従業員がすでにアルヴォテックを去った後に、その元アッヴィ従業員を被告として挙げずに行われています。

この緊急性の欠如から、アルヴォテックでは、この事件の背後にある動機に疑問を感じています。実際、この事件はHUMIRA®高濃度製品に対する低価格代替品を新興競合会社が患者に提供するのを遅らせるアッヴィの全体的戦略の一部であるかもしれないと、アルヴォテックは考えています。

アルヴォテックは、高品質で安価な医薬品の入手性を改善する努力を続けていきます。

アルヴォテックについて:

アルヴォテックは、世界の市場に向けた質の高いバイオシミラー製品の開発と製造に注力する多国籍バイオ製薬会社です。当社はバイオテクノロジーを専門とし、質の高いコスト競争力のある製品とサービスを当社パートナーや世界各地の患者に提供することでバイオシミラー分野の世界的リーダーとなることを目指しています。当社の完全統合アプローチとバリューチェーン全体にわたる質の高い内部能力により、バイオシミラー製品の迅速な開発が可能になっています。アルヴォテックの株主には、創業者で会長のRobert Wessman氏が率いるAztiq Pharma、オーストラリアとニュージーランドのCipla Gulf FZ、韓国のShinhan、バクスター ヘルスケア、YAS Holdings、ATHOS(Strüngmannファミリー・オフィス)、CVCキャピタル・パートナーズ、シンガポールのテマセクなどが含まれます。

アルヴォテックの当初のパイプラインには、いくつかのモノクロナール抗体と融合タンパク質のバイオシミラー候補が複数含まれ、自己免疫、腫瘍、炎症の状態を治療して世界各地の患者の生活の質を改善することを目指しています。詳細情報については、当社ウェブサイト(www.alvotech.com)をご覧いただくか、リンクトインツイッターフェイスブックでのフォローをお願いいたします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210328005024/ja/

CONTACT

Alvotech

Corporate Communications

Elisabet Hjaltadottir

E-mail: Alvotech.media@alvotech.com

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

同じカテゴリーの記事 

  • ニュークレラがイーインクのデジタル・マイクロフルイディクス部門を買収
  • PharmaEssentia Resubmits Application to the U.S. FDA For Ropeginterferon alfa-2b-njft to Treat Polycythemia Vera (PV)
  • 患者安全運動財団が第一回医療安全特別研究員プログラムに5人を選出
  • SpeeDxが迅速なポイントオブケア診断法を開発するためにCARB-Xから資金提供を受ける
  • UPL、東南アジアでのフルピリミン・ライスの独占入手でMeijiとの協業を発表