医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

ルベド・ライフ・サイエンシズとバイヤスドルフ、細胞老化に対する新たなスキンケア製品の開発で複数年にわたるパートナーシップを発表

2024年04月24日 PM08:14
このエントリーをはてなブックマークに追加


 

SAN FRANCISCO

(ビジネスワイヤ) — 細胞老化とアンチエイジング研究を専門とするバイオテクノロジー企業ルベド・ライフ・サイエンシズは、ドイツの多国籍美容企業バイヤスドルフAGとの複数年にわたる戦略的パートナーシップを発表し、協同で細胞老化に対処する画期的なスキンケア製品の開発に取り組みます。バイヤスドルフは、オスカー・アンド・ポール・コーポレート・ベンチャー・キャピタルファンドを通じて最近のシリーズA資金調達ラウンドに参加し、戦略的投資家としてもルベドに協力しています。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20240423246571/ja/

Rubedo Life Sciences scientists (Photo: Business Wire)

Rubedo Life Sciences scientists (Photo: Business Wire)

ルベドとバイヤスドルフのパートナーシップの主な目的は、細胞老化対策に特化したルベドの広範な研究プログラムに基づく新規化合物の開拓です。老化細胞は加齢とともに蓄積し、加齢に伴う皮膚の変化や病状の一因となる可能性があります。この化合物はルベドの局所皮膚科学プログラムから調達され、老化細胞破壊および抗炎症効果があります。

このパートナーシップの一環として、バイヤスドルフは体外およびコンピュータ内で試験を実施し、ルベドが供給する特定化合物を厳密に評価する予定です。この共同研究の最終目標は、人体内で試験を実施し、化粧品用スキンケア製剤を対象に選択した化合物の有効性を検証することです。この提携により、ルベドはマイルストーンの達成とロイヤルティによる受益を確信しています。

ルベド・ライフ・サイエンシズのCEOである、マルコ・クアルタは、「化粧品およびスキンケア業界で世界的なリーダーとして認知されているバイヤスドルフと協同で、皮膚の老化に対する新製品を開発できることを嬉しく思います。バイヤスドルフはニベア、ユーセリン、ラ・プレリーなどの世界的なブランドを確立し、140年以上にわたって世界のスキンケア市場をリードし続けています。ルベドの細胞老化に関する専門知識とバイヤスドルフのスキンケア・イノベーションに関する補完的な専門知識を組み合わせることにより、スキンケア製品の現状を改革できると考えています。細胞の老化に対する新たなソリューションの提供により、お客様がいつまでも健康で若々しいお肌を保てるようにします」と述べています。

バイヤスドルフのCEO、ビンセント・ワーナリー氏は、「私たちの使命は、画期的なイノベーションを通じて、スキンケアの未来の方向性を打ち出すことです。ルベドと協同で両社が所有する最先端の専門知識を融合し、アンチエイジング・スキンケアの基準を再定義することを目指しています」と述べています。

ルベドの化合物開発に対する革新的なアプローチに、バイヤスドルフの世界をリードするブランドプラットフォームが加われば、アンチエイジング・スキンケアの新たな基準を確立し、数十億ドル規模のフェイスケア市場に向けた新たなソリューションを開発することも可能になります。

ルベド・ライフ・サイエンシズについて

ルベド・ライフ・サイエンシズは、慢性加齢関連疾患の原因となる細胞を標的とする、革新的な治療法のポートフォリオを幅広く開発するバイオ医薬品会社です。当社独自のALEMBIC™創薬プラットフォームは、肺疾患、皮膚疾患、腫瘍疾患、神経変性疾患、線維症疾患、その他の慢性疾患進行の主な原因となる老化細胞を選択・標的とする、新たなファーストインクラスの小分子を開発しました。ルベドはリーダーシップ・チームのメンバーを大手の製薬会社とバイオテクノロジー企業から採用し、同チームは医薬品開発と商品化の専門知識を備えた、業界のリーダーと化学、テクノロジー、ライフサイエンスの初期のパイオニアで構成されています。当社の拠点は、カリフォルニア州サニーベールです。詳細については、www.rubedolife.comをご覧ください。

バイヤスドルフAGについて

バイヤスドルフは、140年以上にわたり革新的で質の高いスキンケア製品を提供する、皮膚研究のパイオニアです。世界のトップブランド*であるニベアをはじめ、ユーセリン(皮膚化粧品)、ラ・プレリー(セレクティブコスメティックス)、ハンザプラストやエラストプラスト(絆創膏および創傷ケア)は、世界中で毎日多くの人々に愛用されています。加えて、アクアフォー、コパトーン、シャンテカイユ、ラベロ、8×4、アトリックス、ヒドロフーガル、マエストロ、フロレナも当社の消費者向けビジネス分野における広範なポートフォリオに欠かせないブランドです。バイヤスドルフは、tesa SEを完全子会社化し、工業用粘着テープの大手メーカーとして、産業、手工芸品企業、消費者に自着テープのソリューションも提供しています。

バイヤスドルフの拠点はハンブルクで、2023年度の売上高は95億ユーロ、営業利益(EBIT)は13億ユーロでした。バイヤスドルフは世界全体で21,000人以上の従業員を擁し、共通の基本的価値観、強力な企業文化、そしてバイヤスドルフが目標とする「肌を超えたケア」が企業と社員をつなぐ絆となっています。当社はそのビジネス戦略に基づき、競争力のある持続可能な成長に焦点を当てた複数年にわたる投資プログラムを追求しています。このプログラムは、バイヤスドルフが消費者、社会、環境に対して明確な付加価値を生み出す基盤となる、意欲的でサステナブルなアジェンダと合致しています。

* 出典:「ボディケア、フェイスケア、ハンドケアのカテゴリーにおけるアンブレラブランド、NIVEA (NIVEA by umbrella brand name in the categories Body Care, Face Care, and Hand Care)」Euromonitor International Limited、2022年の小売価格ベース

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20240423246571/ja/

CONTACT

Media

Kimberly Ha

KKH Advisors

917-291-5744

kimberly.ha@kkhadvisors.com

同じカテゴリーの記事 

  • Heuron Gets FDA Green Light for Stroke Triage and Notification Solution
  • iCell Gene Therapeutics Announces Positive Clinical Data from Investigator Initiated Phase 1 Trial Evaluating BCMA-CD19 Compound CAR in Patients with Systemic Lupus Erythematosus/Lupus Nephritis Published in Annals of the Rheumatic Diseases
  • Galderma Launches Restylane® VOLYME™ in China – One of the World’s Fastest Growing Aesthetics Markets
  • Immunis Partners with Japanese Drug Company Toray to Reverse Sarcopenia
  • Otsuka to Terminate Development of AVP-786