医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 機能性表示食品をめぐる検討会、サプリにGMP義務化へ‐品質管理「推奨」から強化

機能性表示食品をめぐる検討会、サプリにGMP義務化へ‐品質管理「推奨」から強化

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年05月13日 AM10:35

消費者庁の機能性表示食品をめぐる検討会は10日、サプリメントに対して「推奨」としているGMP(適正製造規範)による製造工程管理を義務化する方針を決めた。現在の厚生労働省の通知による運用から法令化・内容の明確化を進め、適切に運用されているかどうかを行政が確認することとした。

健康食品は食品衛生法に基づき、HACCPによる衛生管理が義務づけられている一方、品質管理()は法規制の対象外で、製造事業者の自主性に委ねられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】自宅でのテレワーク可能に-医薬品製造管理者業務
  • 【厚労省】電子処方箋に機能追加案-アレルギー歴参照機能も
  • 【日薬連薬価研】「特例後発品」適用は1割-A区分企業の品目調査
  • 【薬局機能検討会】地域連携薬局は「在宅機能」-健サポとの棲み分け図る
  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ