医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日病薬】回復期病棟でガイド作成-薬剤師業務のあり方示す

【日病薬】回復期病棟でガイド作成-薬剤師業務のあり方示す

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2024年02月07日 AM10:04

日本病院薬剤師会は、回復期病棟に従事する薬剤師が十分に活躍できるよう業務のあり方を示した「回復期病棟における薬剤師のための関わり方ガイド」を作成した。回復期病棟は、薬剤師にとって診療報酬上インセンティブのない病棟区分であり、一般病棟で行われている薬剤管理指導業務の多くが実施できていないのが現状。ガイドでは、回復期病棟における薬剤師と多職種との関わり方に加え、リハビリテーション栄養やリハビリテーション薬剤、ポリファーマシーとの関わり方などを説明している。

ガイドでは、回復期病棟の薬剤師が医師に対して行うべき重要な関わりを「処方提案」と規定。特に薬学的管理や薬物療法に関する説明は、処方提案につながる業務とし、開始用量と維持用量が異なる医薬品、投与期間に制限がある医薬品、急性期病院で導入された睡眠導入薬、ポリファーマシーなどを挙げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省が調査】地域薬、組織率が課題に-「7割未満」が1割強
  • 【厚労省】他社品比較情報を容認へ-提供先は要求者に限定
  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で
  • 【日病薬調査】7割超が薬剤師確保計画-都道府県と病薬で意見交換
  • 日医・松本会長、薬価改革「しっかり注視」-創薬進展や医薬品供給