医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医薬品第二部会】第一三共のコロナワクチン了承-国産初、塩野義は継続審議

【医薬品第二部会】第一三共のコロナワクチン了承-国産初、塩野義は継続審議

読了時間:約 1分37秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年08月02日 AM10:35

薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は7月31日、第一三共のmRNA新型コロナウイルスワクチン「ダイチロナ筋注」の製造販売承認を審議し、了承した。国内メーカーの単独開発によるコロナワクチンは初めてで、厚生労働省は近日中に通常承認する予定。一方、塩野義製薬の組み換えコロナワクチン「」については、「現在までに評価された臨床試験成績のみでは有効性を明確に説明するのは難しい」として、継続審議となった。

ダイチロナは厚労省、日本医療研究開発機構(AMED)の支援事業を受けて第一三共が研究開発を進めていた新規核酸送達技術を用いたmRNAワクチン。同社が1月に追加免疫(3回目接種)の適応で厚労省に承認申請を行っていた。コロナウイルスのスパイク蛋白質の受容体結合領域を標的にすることで、コロナに対する予防効果と安全性を持つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】自宅でのテレワーク可能に-医薬品製造管理者業務
  • 【厚労省】電子処方箋に機能追加案-アレルギー歴参照機能も
  • 【日薬連薬価研】「特例後発品」適用は1割-A区分企業の品目調査
  • 【薬局機能検討会】地域連携薬局は「在宅機能」-健サポとの棲み分け図る
  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ