医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省中間報告書】薬剤師にメリット実感なく-電子処方箋の課題浮き彫り

【厚労省中間報告書】薬剤師にメリット実感なく-電子処方箋の課題浮き彫り

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2023年04月10日 AM10:08

厚生労働省は5日、2022年10月末から実施している電子処方箋のモデル事業に関する中間報告書を公表した。利用状況や課題をヒアリングしたところ、マイナンバーカードの利用者が少ないことなどを背景に、「過去の薬剤情報が調剤の参考になる事例がない」と回答する薬剤師が7割超に上るなど、電子処方箋のメリットを享受するには道半ばの実態が浮き彫りとなった。

モデル事業は全国4地域で医療機関12施設、薬局81施設の計93施設が参加。3月24日時点で、医療機関が電子処方箋を原本として電子署名を付して電子処方箋の発行ができ、薬局が電子署名を用いて電子処方箋の応需を実施して調剤結果の登録ができる「ステップ2」には88施設が進んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】販売名変更申請と同様に-特例承認コロナ薬の通常承認
  • 【千葉県薬】来年度プロバイダー申請へ-薬剤師研修で独自色発揮
  • 【厚労省が調査】地域薬、組織率が課題に-「7割未満」が1割強
  • 【厚労省】他社品比較情報を容認へ-提供先は要求者に限定
  • 【薬局機能検討会】休日・夜間に緊急対応拠点-「医師指示なし」の在宅で