医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 厚生科学審議会合同会議、コロナワクチン添文改訂-GBS疑い例を注意喚起

厚生科学審議会合同会議、コロナワクチン添文改訂-GBS疑い例を注意喚起

読了時間:約 1分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月15日 AM10:30

厚生労働省は10日、米ファイザーの「」などmRNAを含有する新型コロナウイルスワクチン3品目の添付文書改訂案を厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議に示し、了承された。2品目で接種後にギランバレー症候群(GBS)疑い事例が確認されたため、「重要な基本的注意」の項目で注意喚起する。

改訂対象はファイザーのコミナティ筋注、「同5~11歳用」、武田薬品の「」の計3品目。重要な基本的注意の項に、接種後にGBSの疑い事例報告があること、疑われる症状が見られた場合は直ちに医師に相談するよう予め説明することを注意喚起として追記する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり
  • 【厚労省】後発品172社に自主点検実施-承認書と製造実態整合で
  • 【GE議連】薬価下支え策の恒久化問う-骨太方針へ提言検討
  • 【厚労省】自主点検で該当企業なし-紅麹原料入手の173社
  • 【厚労省】医療機関受診者1058人に-小林の紅麹関連製品