医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 納入時期をさらに前倒し-後藤厚労相「コロナ治療薬確保に努力」

納入時期をさらに前倒し-後藤厚労相「コロナ治療薬確保に努力」

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年02月25日 AM10:15

後藤茂之厚生労働相は22日の閣議後会見で、(GSK)の中和抗体薬「」(一般名:)など複数の新型コロナウイルス感染症治療薬の納入時期を前倒しすることを明らかにした。その上で、「レムデシビルなど他の薬剤が活用可能な場合は、引き続き検討をお願いしたい」と述べた。

GSKのゼビュディについては、3月上旬に納入予定だった8万人分を前倒し、今週中に納入されると説明。このうち、既に4万人分は21日から医療機関に配送を開始しており、残り4万人分は24日にも配送準備が整うとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療機能評価機構】輸液を末梢静脈から誤投与-「中心静脈から」周知促す
  • 【公明党/立憲民主党】GMP認証の義務化求める-機能性表示食品で提言
  • 【厚労省】在宅訪問の駐車許可緩和-緊急時申請負担も軽減
  • 【消費者庁】機能性表示食品で検討会-日薬から富永常務が参加
  • 【腎臓学会など調査】紅麹中止で大半回復-死亡例に既往歴あり