医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価研調査で判明】引き下げ品目が約8割に-中間年改定の打撃大きく

【薬価研調査で判明】引き下げ品目が約8割に-中間年改定の打撃大きく

読了時間:約 2分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月14日 AM10:15


■薬価研調査で判明

日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会(薬価研)は、4月に実施された初の中間年薬価改定に関する研究報告をまとめた。企業を対象としたアンケート調査では、改定処理が適用された品目のうち、薬価が引き下げられた品目の比率は77.9%を占め、改定影響率は4.4%となった。企業からは「数多くの品目が改定対象となったことは、企業に対する影響が非常に大きい」と経営への打撃を懸念する声が目立った。

■安定確保品にも影響

薬価研は、薬価研運営委員会社55社、日本ジェネリック製薬協会()32社、米国研究製薬工業協会()・欧州製薬団体連合会()22社の計90社に対し、2021年度改定に関する調査を実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大
  • 【予防接種・ワクチン分科会】40歳以上への接種を了承-AZワクチンが選択肢に
  • 【東京都】認定薬局制度の申請136件-「良い数字」と好感触示す
  • 【薬食調査会】症状消失4週間で献血可-コロナ感染者の制限期間
  • 政府、接種証明書の申請受付開始-7カ国で隔離期間短縮