医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 薬剤師の筋注、次なる展開を-討論会で意見一致、薬学教育や研修で実績必要

薬剤師の筋注、次なる展開を-討論会で意見一致、薬学教育や研修で実績必要

読了時間:約 2分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月07日 AM10:15

薬剤師による新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種をめぐって2日、狭間研至氏(ファルメディコ社長)が企画したオンライン討論会で、医師や薬剤師らが意見を交わした。5月31日の厚生労働省検討会で薬剤師による接種は当面見送りとなったが、討論会の参加者は「残念だが、次にどうつなげるかを考えることが大事」との考えで一致。今後、どこかの段階で薬剤師も接種可能な職種として認められるように、「既卒薬剤師や薬学生を対象に、筋肉注射などワクチン接種に必要な知識や技能を修得する研修や教育を各地で展開し、実績を示すことが重要」と呼びかけた。

渡部一宏氏(昭和薬科大学教授)は「今回の結果は残念だったが、将来を見据えて、薬剤師向けの注射実技の研修会を開催すべき」と強調。全国の薬系大学と地域薬剤師会が協力して取り組むよう促した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供