医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ジョイクルに安全性速報-重篤なショックで死亡例

【厚労省】ジョイクルに安全性速報-重篤なショックで死亡例

読了時間:約 1分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月04日 AM10:00

厚生労働省は1日、生化学工業の関節機能改善剤「ジョイクル関節注30mg」(一般名:ジクロフェナクエタルヒアルロン酸ナトリウム)について、5月16日の発売直後からショック、アナフィラキシーを認めた症例が出ていることを踏まえ、添付文書の「警告」欄を新設し、「重要な基本的注意」を改訂すると共に、「安全性速報(ブルーレター)」で医療関係者に速やかに注意喚起を行うよう同社に指示した。承認後の副作用報告で重篤なショック、アナフィラキシーを認めた10例のうち、因果関係が否定できない死亡例が1例報告されているため、ブルーレターによる注意喚起が必要と判断した。

ジョイクルは、生化学工業が3月23日に変形性関節症の効能・効果で承認を取得。5月16日に小野薬品が販売を開始し、使用患者数は約5500人と推定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供