医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革推進会議WG】処方箋40枚ルール撤廃を-厚労省「安全前提に検討」

【規制改革推進会議WG】処方箋40枚ルール撤廃を-厚労省「安全前提に検討」

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月23日 AM10:15

規制改革推進会議医療・介護ワーキンググループが20日に開かれ、意見を述べたファルメディコの狭間研至社長は、調剤の外部委託と処方箋40枚当たり薬剤師1人の規制見直しを要望した。これらの提案に対して厚生労働省は、「処方箋を応需した薬局の責任のもと、医療の安全性が確保されることを前提に前向きに検討したい」と応じた。

狭間氏は、薬剤師業務が対物業務から対人業務にシフトしていくためには、「対物業務のさらなる効率化が必要」と指摘。対物業務の推進に向けては、機械化やICT化、非薬剤師の育成と活用などが求められるが、全体の8割を占める中小薬局では設備投資を行えず、困難な状況にあるため、調剤業務の外部委託が可能になるよう求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【東京都】認定薬局制度の申請136件-「良い数字」と好感触示す
  • 【薬食調査会】症状消失4週間で献血可-コロナ感染者の制限期間
  • 政府、接種証明書の申請受付開始-7カ国で隔離期間短縮
  • 【日薬】管理薬剤師に実務経験5年-法令遵守の手引き作成
  • 【中医協議会】減算ありきの制度は反対-日薬、後発品加算見直しに