医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【大日本住友製薬】「ナパブカシン」開発中止-減損損失269億円計上へ

【大日本住友製薬】「ナパブカシン」開発中止-減損損失269億円計上へ

読了時間:約 56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月10日 AM11:15

大日本住友製薬は5日、抗癌剤「」で実施中の臨床試験を全て中止すると発表した。結腸直腸癌を対象とした第III相試験で主要評価項目が未達となったことを受けて決断した。成長戦略の一つに掲げる癌領域事業の計画に影響すると見られる。

結腸直腸癌を対象にした第III相試験を中止するほか、固形癌、肝細胞癌、消化器癌などを対象に進めている第I相、第II相試験を全て中止する。これまでも、膵癌、胃癌、難治性結腸直腸癌を対象に臨床開発を進めてきたが、いずれも中止し、実用化には至っていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省・水谷産情課長】後発品企業間の連携促す-独禁法抵触判断で事例集
  • 【緩和医療薬学会年会】在宅緩和24時間対応に壁-対応可能薬局リスト化を
  • 【要指導・一般薬部会】マイティアルミファイ、点眼薬を要指導薬に
  • 【機能性検討会が報告書】健康被害情報を報告義務-サプリメントはGMP管理
  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記