医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 戸田中央医科グループ、傘下29病院で導入推進へ-フォーミュラリー15領域に

戸田中央医科グループ、傘下29病院で導入推進へ-フォーミュラリー15領域に

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月27日 AM11:00

関東周辺に病院や老人保健施設などを展開する戸田中央医科グループは、医薬品の使用指針「」を傘下の29病院に拡大することを目指し、本部の薬剤部門に作業部会を立ち上げた。慢性期病院で策定したフォーミュラリーの急性期病院への導入方法など、拡大に向けた課題の解決策などを検討している。これまでに15領域のフォーミュラリーを策定し、傘下8病院が段階的に導入した。グループ内での浸透を図りつつ、地域への展開も模索する。

傘下の新座病院が2014年からフォーミュラリーの運用を開始したのを皮切りに、グループ内の各病院で導入が進んだ。これまで策定したフォーミュラリーは、生活習慣病治療薬を中心に、▽▽SGLT-2阻害薬▽HMG-CoA還元酵素阻害薬▽利尿薬▽レニン・アンジオテンシン系阻害薬▽カルシウム拮抗薬▽H2受容体拮抗薬▽▽ヒスタミン受容体拮抗薬――など15領域に及ぶ。各病院は、それぞれの特徴に応じて導入するフォーミュラリーを選択している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】自宅でのテレワーク可能に-医薬品製造管理者業務
  • 【厚労省】電子処方箋に機能追加案-アレルギー歴参照機能も
  • 【日薬連薬価研】「特例後発品」適用は1割-A区分企業の品目調査
  • 【薬局機能検討会】地域連携薬局は「在宅機能」-健サポとの棲み分け図る
  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ