医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【公正取引委員会】後発品メーカーを立入検査-発売前にカルテルの疑い

【公正取引委員会】後発品メーカーを立入検査-発売前にカルテルの疑い

読了時間:約 1分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月25日 AM10:00

公正取引委員会は22日、日本ケミファとコーアイセイに対し、高リン血症治療剤「炭酸ランタンOD錠250mg、同500mg」の販売に関する独占禁止法違反の疑いで、立ち入り検査を行った。両社は同製品を発売する前に、医薬品卸に販売する仕切価格を割高に設定し、利幅を大きくできるよう、カルテルを結んだ疑いが持たれている。

炭酸ランタンOD錠は、バイエル薬品が製造販売する「(先発品名)」の後発品。昨年2月に日本ケミファとコーアイセイを含む5社が後発品として承認を取得したが、、コーアイセイの2社の製品だけが6月に薬価収載された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価研 研究報告】薬価差偏在の是正が必要-「改定あり方」議論で検討へ
  • 【東京理科大学】品質文化醸成度を定量評価-経営と現場のギャップ分析
  • 【中医協総会】24年度改定調査を了承-後発品やリフィルなど
  • 【骨太方針原案】中間年改定は「あり方検討」-後発品業界の再編を促す
  • 【市民団体が調査】緊急避妊薬購入は15%のみ-希望価格は「2000円未満」