医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】抗菌薬臨床評価で指針案-耐性菌対応などで見直し

【厚労省】抗菌薬臨床評価で指針案-耐性菌対応などで見直し

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年08月23日 AM10:45

厚生労働省は、「抗菌薬の臨床評価方法に関するガイドライン」の改定案をまとめた。抗菌薬開発が広域から特定菌種に標的を絞った開発に移行し、耐性菌感染症への新薬開発が求められている世界的な状況も踏まえ、ガイドライン見直しが必要と判断。日本化学療法学会の協力を得て、改定案をまとめた。一般からの意見募集を来月15日まで受け付けている。

ガイドラインの改定案では、臨床試験の第I相試験について、単回投与試験の投与量は非臨床試験における動物での薬物動態、対象と推定される菌種の被験薬感受性、PK/PDを踏まえ、予想される臨床最大用量を超える用量の忍容性を確認することを推奨した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬 岩月会長】中間年改定、中止か延期か廃止-長期品は丁寧な説明必要
  • 【薬局機能検討会】健サポ薬局、地域の相談役に-多職種連携で健康増進支援
  • 【厚労省】薬局4.3万軒が締結-医療措置協定、6月時点
  • 【中医協総会】医療DX体制加算は3区分-10月から適用、最大7点
  • 【FIRM 志鷹会長】本承認へ予見性高まる-再生医療等製品、有効性評価の通知