医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革推進会議】新薬処方制限、“14日以上”の選択肢提示を-敷地内薬局は「運用を注視」

【規制改革推進会議】新薬処方制限、“14日以上”の選択肢提示を-敷地内薬局は「運用を注視」

読了時間:約 1分40秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月26日 AM10:45


■第1次答申まとめる

政府の規制改革推進会議は23日、規制改革推進に関する第1次答申をまとめ、安倍晋三首相に手渡した。医療・介護・保育分野では、「新薬の14日間処方日数制限」ルールの見直しを要求。中央社会保険医療協議会で現行の14日間よりも長い日数制限の見直し案を提示するなどして、「2017年度に結論を得る」ことを求めた。薬局と医療機関の構造的な独立性を求める規制の緩和に伴い、設置可能となった敷地内薬局については、「運用状況を注視する」とした。

新薬の14日間処方制限は、治験を経て間もない医薬品の効果や副作用を臨床現場で的確に判断する必要があるとの観点から設けられたもの。患者の観察を十分に行うため、抗HIV薬など一部の薬剤を除き、薬価収載の翌月から1年間は原則として1回14日分までしか処方できない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財政審が建議】費用対評価拡大を要求-セルフMの推進も明記
  • 【政府構想会議が中間案】創薬力強化に国が戦略目標-官民協議会で投資を誘致
  • 【老年薬学会が提言】「昼1回」に服薬簡素化を-高齢者施設職員の負担軽減
  • 【流改懇】過大な薬価差是正に着手-チェーン薬局の取引可視化へ
  • 【薬局機能検討会】患者急変時の薬準備せず-薬局6割、在宅対応に課題