医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 行政・経営 > DBJとMUL 地域ヘルスケア成長ファンドを組成

DBJとMUL 地域ヘルスケア成長ファンドを組成

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月19日 AM10:00

医療機関等向け劣後ローンおよび貸付債権に投資

株式会社日本政策投資銀行(DBJ)と三菱UFJリース株式会社(MUL)は5月8日、総額100億円の地域ヘルスケア成長ファンドを組成することを発表した。このファンドの正式名称は「地域ヘルスケア成長投資事業有限責任組合」で、医療機関等向け劣後ローンおよび貸付債権を投資対象とする。


(画像はプレスリリースより)

同ファンドは、老朽化した病院の建て替えや医療機器の更新などによる医療機能の高度化、今後の地域環境に対応した医療体制の構築に向けて取り組んでいる医療機関に対し、資金供給を行うという。

新設されるヘルスケアファイナンスが運営

同ファンドの運営は、DBJとMULの折半出資により設立されるヘルスケアファイナンス株式会社が、ヘルスケアマネジメントパートナーズ株式会社と連携しながら行う。ヘルスケアマネジメントパートナーズは、2007年設立の医療・介護専門の経営支援ファンドの運用実績を有している。

プレスリリースでは

地域医療機関等を対象に、最適なファイナンス・サービスを提供し、地域医療機関等の成長と事業基盤の安定化支援に取り組んでまいります。(株式会社日本政策投資銀行 プレスリリースより引用)

と述べられている。(小林 周)

▼外部リンク

株式会社日本政策投資銀行 プレスリリース
http://www.dbj.jp/ja/topics/dbj_news/2014/html/0000015910

三菱UFJリース株式会社 プレスリリース
http://www.lf.mufg.jp/investors/library/pressrelease/pdf/2014

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 行政・経営

  • 【厚労省】製販業者の要件厳格化へ-林経済課長「後発品共同開発を見直し」
  • 【日薬】薬剤師職能に期待と評価-山本会長、骨太方針の決定で声明
  • 政府、かかりつけ薬剤師普及追記-骨太方針を閣議決定
  • 低調なオンライン服薬指導-経験薬局、4割にとどまる
  • アステラス製薬、オンラインMRを開始-5製品対象に情報提供