医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】多剤服用事業で中間報告-職種間の情報共有課題に

【厚労省検討会】多剤服用事業で中間報告-職種間の情報共有課題に

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月02日 AM11:05


■2023年度に手順書を改訂

厚生労働省の高齢者医薬品適正使用検討会が11月30日に開かれ、診療所や薬局、介護施設などが連携した高齢者のポリファーマシー()対策のモデル事業に選定された広島市薬剤師会など4地域が中間報告した。薬局薬剤師にポリファーマシー対策への意識が高まるなどの成果が見られた一方、処方見直しや減薬を行う上で多職種間の情報共有が課題として指摘された。厚労省は中間報告を踏まえ、来年度にも高齢者医薬品適正使用の指針や業務手順書の改訂案を作成する方針である。

ポリファーマシー対策をめぐっては、国が2019年に「高齢者の医薬品適正使用の指針」を策定。現場での運用が進むよう指針の内容から実践へと促すため、取り組みを分かりやすく記載した業務手順書を作成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも