医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢

【厚労省】ゾコーバが初の緊急承認-コロナ治療の新たな選択肢

読了時間:約 2分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月25日 AM10:55


■期限1年、12月に供給開始

厚生労働省は22日、塩野義製薬の経口新型コロナウイルス感染症治療剤「ゾコーバ錠125mg」(一般名:)を緊急承認した。5月に緊急承認制度の運用が開始されて以降、最初の適用品目となる。緊急承認の期限を1年に設定し、今後企業に第III相試験データを提出してもらい、改めて通常承認の可否を判断する。国が全量を買い上げ、12月初めから既存のコロナ治療薬「パキロビッド」の処方実績がある医療機関・薬局で供給を開始する計画だ。

薬事・食品衛生審議会薬事分科会と医薬品第二部会の合同会議が同日に開かれ、緊急承認しても差し支えないと了承された。国産の経口コロナ薬は初となり、新型コロナウイルス感染症を適応症とする薬剤は7種類目、経口コロナ薬は3種類目となる。ゾコーバはプロテアーゼを選択的に阻害することで、ウイルスの増殖を抑える作用機序を有する。既存のコロナ治療薬とは異なり重症化リスク因子のない軽症から中等症患者に投与が可能で、そのうち高熱や強い咳症状、咽頭症状がある人が対象。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも