医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ

【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年08月10日 AM10:20

厚生労働省医政局の安藤公一医薬産業振興・医療情報企画課長は6日、オンラインで開かれた日本ジェネリック医薬品・バイオシミラー学会で講演し、2023年以降にバイオシミラー(BS)普及に向けた課題や施策について議論する検討会を立ち上げることを明らかにした。検討結果はアクションプランとしてまとめたい考えだ。

安藤氏は、欧米諸国と比べて日本がバイオ医薬品開発で遅れている現状を踏まえ、「ベンチャー育成を進め、特にシーズ探索で優位性を持っているベンチャーと製薬企業が連携する形で新薬を開発するエコシステムをどう構築するかが大きな課題」と言及。政府がBS推進に向けた目標を年度内に定めることにも触れつつ、「推進には様々な課題がある」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】丁寧な説明で普及啓発を-有澤理事、リフィル処方箋に見解示す
  • 【加藤厚労相が共同会見】電子処方箋の推進に意欲-システム改修などが課題
  • 【規制改革推進会議】距離制限の撤廃を主張-調剤外部委託で意見
  • 【NPhA】リフィル7割が応需なし-オンライン指導なし8割超
  • 【厚労省】ネット販売で遵守率低下-濫用恐れのある医薬品