医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【岸田首相が表明】感染症危機管理庁を創設-平時に日本版CDC設置

【岸田首相が表明】感染症危機管理庁を創設-平時に日本版CDC設置

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月20日 AM10:30

岸田文雄首相は15日に記者会見し、感染症対策の司令塔機能として、内閣官房に「」を新設すると発表した。厚生労働省の関係部門再編により感染症対策部を設けるほか、専門家組織として「」を設置して平時の対応能力を強化。有事では、対策部等を危機管理庁の指揮下に置き、一元的に対策に取り組む方針を打ち出した。

岸田氏は、危機管理庁の創設により「感染症対策の企画立案・総合調整の機能を強化、一体化する」と明言。厚労省における平時からの感染症対応能力を強化するとし、各局にまたがる感染症対応・危機管理部門を統合して感染症対策部を新設するほか、生活衛生関係の組織も見直し、医療行政の重点化を図る。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で