医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省作業部会】一包化業務は検討可能-調剤の一部外部委託

【厚労省作業部会】一包化業務は検討可能-調剤の一部外部委託

読了時間:約 2分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月01日 AM10:30

厚生労働省の「薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ」が5月27日に開かれ、調剤の一部外部委託に関する委託可能な業務範囲などについて議論した。厚労省は外部委託可能な業務範囲として、一包化業務と高齢者施設入居者への調剤を論点として示した。ただ、橋場元構成員(日本薬剤師会常務理事)は、「一包化の調製業務は検討すべきものだが、高齢者施設入居者への調剤という整理の仕方では、薬剤師が担う調剤業務の丸投げであり、到底認められない」と否定的な考えを示した。

規制改革推進会議は同日に公表した答申で、調剤の一部外部委託について今年度中に検討、結論を得るとしている。厚労省はこれまでの議論において挙げられた調剤業務の中で手間がかかる一包化業務と、処方の変更率が低く一包化ニーズが高い高齢者施設入居者への調剤を外部委託可能な業務として論点に示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ
  • 【厚労省】零売の不適切事例を整理-処方箋なし購入可とPR
  • 三菱ケミカルグループ、コロナワクチン供給できず-カナダ政府と契約、商用生産に課題
  • 薬局で検査キット無料配布-神奈川など一部県で実施
  • 【厚労省】サル痘予防で国内初承認-天然痘ワクチンの一変