医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬】21年度分業率は75.3%-年ベースで史上初の減少

【日薬】21年度分業率は75.3%-年ベースで史上初の減少

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月27日 AM10:30

日本薬剤師会は、保険調剤の動向「2021年度調剤分(全保険・速報値)」を公表した。処方箋の受取率(分業率)は、前年度から0.4ポイント減の75.3%となった。受取率が年ベースで減少するのは初めてとなる。調剤件数と受取処方箋枚数、(料)は前年から伸びた。

都道府県別の受取率を見ると、「80%以上」は秋田県(89.2%)、青森県(86.3%)、岩手県(86.0%)、新潟県(86.0%)、宮城県(84.2%)、神奈川県(83.1%)、北海道(82.7%)、島根県(82.6%)、佐賀県(81.4%)と9道県で、前回調査の10都道県から減少した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ