医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 東京都薬剤師会、「発注しても納品されない」-永田会長、医薬品卸の対応を批判

東京都薬剤師会、「発注しても納品されない」-永田会長、医薬品卸の対応を批判

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月26日 AM10:30

東京都薬剤師会の永田泰造会長は定例会見で、後発品の流通状況について言及。2021年末の厚生労働省からの通知を受け、後発品メーカーによる供給調整解除が開始されているが、「各薬局はメーカーを切り換えてしのいでいるのが事実で、発注をかけても卸からモノが入ってこない。強く声をかけてやっと商品が入ってくる」と述べ、薬局から要望があっても、すぐに納品を行わない医薬品卸の対応を批判した。

永田氏

厚労省は、出荷停止となっていた品目の8割強で供給不正事案前より供給量が増加していた調査結果を受け、供給量が十分なものは出荷調整を解除するよう求める通知を発出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ
  • 【厚労省作業部会】調剤外部委託は一包化限定-3次医療圏内が距離要件
  • 【21年診療行為別統計】調剤レセプトが大幅増に-新型コロナ影響の反動で
  • 【医薬品第二部会】塩野義の経口コロナ薬、緊急承認は結論先送り-賛否両論、意見割れる
  • 【日病薬】日薬との統合に否定見解-木平前会長「形態異なる」