医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【安全対策部会】緊急避妊薬の添文改訂了承-投与時の内診など削除

【安全対策部会】緊急避妊薬の添文改訂了承-投与時の内診など削除

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月26日 AM10:15

薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会の安全対策調査会は24日、あすか製薬の緊急避妊薬「」(一般名:ノボノルゲストレル)について、添付文書の「使用上の注意」を改訂することを了承した。投与の際に内診、免疫学的妊娠診断等の実施を求める記載内容等を削除させる。厚生労働省は、同社に改訂を指示する予定。

緊急避妊を効能・効果とする同剤の添付文書では、「生殖能を有する者」の項目で、投与の際に「内診、免疫学的妊娠診断等により妊娠していないことを十分に確認すること」を求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【ノボノルディスクファーマ】β細胞移植、数年内に治験-新たな糖尿病治療法開発へ
  • 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請
  • 【厚労省】薬局薬剤師で研究事業-住民の介入効果測定
  • 【厚労省】後期第II相で有効性推定-緊急承認制度の解釈示す
  • 【中医協総会】デュピクセントに再算定-現行薬価から約12%下げ