医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ

【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月19日 AM10:45

中央社会保険医療協議会は14日の総会で、エグザクトサイエンスが2021年8月に承認を取得したプログラム医療機器「」の保険適用が遅れている問題で、「企業からの再発防止策等の改善策が示されない限り、経済課において今後の保険適用の手続きを留保する」ことを了承した。

同製品は、オンコタイプDX乳癌再発スコア検査で得られる遺伝子増幅曲線を専用ウェブサイトで医師が確認し解析を指示することにより、癌が遠隔再発するリスクと化学療法の効果を提示し、化学療法が必要かどうか判断を補助する機能を持つ。米ジェノミックヘルスが開発したリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応を用いる検査と日本向けに開発したソフトウェアを組み合わせた製品となっている。2021年8月に薬事承認を取得し、同11月の中医協総会で同12月1日に保険適用を受けることが了承されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起