医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用

【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月29日 AM10:30

厚生労働省は26日、12月からスタートする新型コロナウイルスワクチンの追加接種について、例外的に初回接種の完了から6カ月以上の間隔を置いて接種を実施するための要件を整理し、都道府県向けに事務連絡を発出した。

12月からファイザー製ワクチンで追加接種が始まる。新型コロナウイルスワクチンの追加接種は初回接種の完了から原則、8カ月以上の間隔を置いて1回接種することとされているが、一定条件を満たせば、例外的に8カ月以上の間隔を置かずに追加接種を実施しても差し支えないとの考え方を示している。今回の事務連絡で、例外的に8カ月以上の接種間隔を置かずに追加接種が実施可能な場合を整理した。具体的には、医療機関等でクラスターが発生した場合に、当該医療機関の入院患者や入所施設利用者、通所施設利用者、当該医療機関の業務に従事する者で、感染拡大防止を図る観点から必要範囲の者に接種する場合とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて