医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【財務省】地域連携薬局の評価求める-薬価は「聖域ない厳格化を」

【財務省】地域連携薬局の評価求める-薬価は「聖域ない厳格化を」

読了時間:約 1分55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月10日 AM11:00

財務省は、8日の財政制度等審議会財政制度分科会に、2022年度予算編成に向けた社会保障改革の考え方を示した。2022年度の調剤報酬改定に向けては、制度化された地域連携薬局に対する調剤報酬上の評価を求め、後発品調剤体制加算は減算を中心とした制度に見直すべきと改めて言及。一方、薬価制度では、毎年薬価改定の完全実施と再算定ルールの強化、調整幅の廃止など「聖域ない薬価改定の厳格化・適正化に踏み込むべき」と注文をつけた。

この日の分科会で財務省は、「調剤報酬は薬学管理など価値のあるサービスを提供する薬局・薬剤師を評価する方向にシフトしていくべき」と強調。技術料の割合は調剤基本料が約3割、調剤料が約5割、薬学管理料が約2割とほとんど変化しておらず、調剤基本料や調剤料に依存した収益構造が継続していることから、「対物業務から対人業務への構造転換を後押しする調剤報酬改定としなければならない」と見直しを求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起