医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】出荷停止品を算定除外に-後発品加算で臨時的措置

【厚労省】出荷停止品を算定除外に-後発品加算で臨時的措置

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月24日 AM11:30

厚生労働省は21日、後発品の出荷停止等を踏まえ、7月時点で供給が停止されていると報告があった医薬品のうち、供給停止品目と同一成分・同一投与形態の医薬品については、後発品使用体制加算などの実績要件である後発品の使用割合を算出する際に、算出対象から除外しても差し支えないとの事務連絡を都道府県向けに発出した。この取り扱いは2022年3月末まで。後発品メーカーによる出荷調整を受け、代替後発品を納品できない薬局が増加しているため、臨時的に診療報酬上の取り扱いを行うことになった。

後発品をめぐっては、製造販売業者が業務停止命令を受けたことなどに伴い、後発品の供給停止や出荷調整が頻発しており、これら製品を使用していた医療機関や薬局を中心に代替後発品を入手することが困難となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【政府】コロナ対応の全体像策定へ-経口薬、年内実用化を明記
  • 【オンライン資格確認】10月20日から本格運用開始-患者同意で薬剤情報閲覧
  • 【費用対効果評価部会】費用増は調整係数最小に-分析期間超過も厳しい規定
  • 【厚科審合同会議】ファイザー製の選択可能に-10、20代男性接種、推奨表現用いず
  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬