医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬調査】薬局の後発品使用率悪化-入手困難医薬品は3173品目

【日薬調査】薬局の後発品使用率悪化-入手困難医薬品は3173品目

読了時間:約 1分42秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月30日 AM10:00

7月の単月後発品使用率が1月に比べて減少している薬局が半数以上に上ることが、日本薬剤師会が実施した調査結果で明らかになった。使用率が最も減少した薬局では約10%の下げ幅となっており、出荷調整などで入手困難になっている医薬品は3173品目に達した。一部の都道府県薬剤師会が実施した調査では、5月の単月後発品使用率が1月から減少していると回答した薬局が3割程度だったことを考えると、状況が悪化していることがうかがわれる結果となった。

調査は、1月から7月までの後発品使用率の状況を把握するため、7月27~8月2日までの間に日薬の医療保険委員会委員を介して協力が得られた166薬局を対象に回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日薬・山本会長、規制改革に「抵抗」
  • 【日薬】21年度分業率は75.3%-年ベースで史上初の減少
  • 【ノボノルディスクファーマ】β細胞移植、数年内に治験-新たな糖尿病治療法開発へ
  • 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請
  • 【厚労省】薬局薬剤師で研究事業-住民の介入効果測定