医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > MSD、ガーダシルに注意喚起-失神による転倒が報告

MSD、ガーダシルに注意喚起-失神による転倒が報告

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月04日 AM10:30

MSDは2日、「ガーダシル水性懸濁筋注シリンジ」の接種後に失神が報告されていることを受け、適正使用に関する注意喚起を行った。失神に備えて接種後の移動には医療従事者や保護者が腕を持つなど付き添うことや、接種後30分程度は体重を預けられるような場所で立ち上がらずに待機することを呼びかけた。

同社によると、接種後の失神は接種直後あるいは5分以内での発現が7割を占めている。症例で転倒により外傷を負った症例が報告されており、歯の破損や欠損に至った症例もあるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日薬・山本会長、規制改革に「抵抗」
  • 【日薬】21年度分業率は75.3%-年ベースで史上初の減少
  • 【ノボノルディスクファーマ】β細胞移植、数年内に治験-新たな糖尿病治療法開発へ
  • 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請
  • 【厚労省】薬局薬剤師で研究事業-住民の介入効果測定