医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬】零売は「選択肢の一つ」-ワクチン後の発熱対応で

【日薬】零売は「選択肢の一つ」-ワクチン後の発熱対応で

読了時間:約 1分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月02日 AM10:30


■日薬が通知

日本薬剤師会は6月25日、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後の発熱・痛みへの対応について、市販の解熱鎮痛剤が需給逼迫のため販売困難な状況となった場合には、処方箋医薬品以外の医療用医薬品で対応することも「選択肢の一つ」とする通知を発出した。

ワクチン接種後の発熱・痛みへの対応として、アセトアミノフェンを含有する市販の解熱鎮痛薬の需要が高まり、品薄が生じている。こうした状況を受け、厚生労働省は6月22日、新型コロナワクチン特設サイトに掲載されているQ&Aを改訂し、市販の解熱鎮痛薬としてアセトアミノフェンだけではなく、非ステロイド性抗炎症薬のイブプロフェンやロキソプロフェンなども利用できることを明示していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】RMP解除手続き定める-バイオ後続品で事務連絡
  • 【経産省事業】「両用性」設備を整備へ-国内ワクチン製造8社
  • 【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案
  • 【GE薬協】情報提供サイト改修-供給状況を即時公開
  • 【厚労省】安定確保薬で調査-カテゴリーB・C成分