医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解

1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 AM10:15

田村憲久厚生労働相は24日の閣議後会見で、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種回数を現在の2回から1回に短縮することについて「現時点では難しい」との考えを示した。世界的なワクチン供給不足の現状などに対応する動きだが、十分なエビデンスがないと判断した。

ファイザーの新型コロナウイルスワクチンは、1回目の接種から3週間後に次回接種を行い、3週間を超えた場合は、可能な限り速やかに2回目の接種を実施することとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財政審が建議】マイナス改定、強く要求-薬価総額の上限設定検討を
  • 【新潟薬科大学】医療・健康系大学に転換-23年度入学定員を50人減
  • 【厚労省】薬価改定で論点整理案-開示度50%未満加算ゼロ、再算定ルールは3年猶予
  • 【厚労省が新制度骨子案】緊急時、有効性推定で承認-検証データ収集など条件
  • 【費用対効果評価部会】費用対効果評価で骨子案-分析期間超過に厳しい対応