医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解

1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解

読了時間:約 54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月26日 AM10:15

田村憲久厚生労働相は24日の閣議後会見で、ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種回数を現在の2回から1回に短縮することについて「現時点では難しい」との考えを示した。世界的なワクチン供給不足の現状などに対応する動きだが、十分なエビデンスがないと判断した。

ファイザーの新型コロナウイルスワクチンは、1回目の接種から3週間後に次回接種を行い、3週間を超えた場合は、可能な限り速やかに2回目の接種を実施することとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【大阪府薬】8割以上の地域で関与へ-ワクチン集団接種に薬剤師
  • 厚生科学審議会合同部会、接種後死亡例4件を報告-引き続き安全性懸念なし
  • 【医薬品情報学会】OTC薬リストを作成-特殊な口腔領域製品で
  • 【厚労省】先発品と溶出挙動合わず-課題指摘の2品目を報告
  • 京都大学iPS細胞研究所研究グループ、ラロキシフェンなど効果-抗コロナウイルス作用示す