医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 「乖離率5%超」対象で決着、全品目の約7割引き下げへ-中間年改定で閣僚合意

「乖離率5%超」対象で決着、全品目の約7割引き下げへ-中間年改定で閣僚合意

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月21日 AM11:55

麻生太郎財務相と加藤勝信官房長官、田村憲久厚生労働相は17日、2021年度予算編成に向けた大臣折衝を行い、2021年4月の薬価中間年改定について平均乖離率8%の0.625倍超(乖離率5%超)の品目を対象とすることで合意した。全品目の69%となる1万2000品目が対象となり、市場実勢価格の加重平均値調整幅2%、「」0.8%の計2.8%を市場実勢価格に上乗せした薬価まで引き下げる。新薬の約6割、後発品の約8割が影響を受け、薬剤費削減額は4300億円程度(国費ベース1000億円程度)になる見通し。

大臣折衝を行う田村厚労相(左)と麻生財務相

中間年改定は、2019年10月の消費増税時に実施されているが、2021年度が実質的に毎年薬価改定の初年度となる。9月に実施した薬価調査の平均乖離率8%の0.625倍を超える品目を対象とすることに決まった。

対象品目は、市場で流通している約1万7600品目の69%となる1万2000品目が該当する。新薬では59%の1350品目、新薬創出等加算品目では40%の240品目が含まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日本保険薬局協会、PCR陽性の薬局職員119人-コロナ感染影響を調査
  • 【日病薬】医薬品全体への信頼欠く-木平会長、小林化工の事案に危機感
  • 【厚科審部会】コロナを新型インフルに分類-入院拒否に罰則適用も
  • 【日病薬】タスクシフト先進事例を公開へ-全国的な実施に向け後押し
  • 【厚労省】医薬品金額は9.5兆円-埼玉県が生産トップ