医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【小林化工】経口抗真菌剤を自主回収-睡眠剤混入、重篤副作用で

【小林化工】経口抗真菌剤を自主回収-睡眠剤混入、重篤副作用で

読了時間:約 2分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月09日 AM11:00

後発品メーカーの小林化工は、販売中の経口抗真菌剤「」の自主回収を開始した。4日に「同錠50『MEEK』」の一部ロットに睡眠導入剤「リルマザホン塩酸塩水和物」が混入している事実が判明したのを受け、重篤な健康被害や死亡の原因となり得るクラスIの自主回収を開始。また、7日には混入が認められた同剤の一部ロット以外の全ロット、100、200mg製剤でも、承認書で記載されている工程とは異なる製造実態が確認されたため、クラスIIの自主回収を始めると発表した。

7日現在で、ふらつきや躁うつ、意識障害や意識消失など63例の副作用が報告されている。福井県医薬食品・衛生課は、「早急に自主回収を完了させることが先決。今後、必要に応じて立ち入り検査などを実施していく」とコメントしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など