医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で

【厚労省検討会】実務実習体制、認識に乖離-受け入れ施設側と学生で

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月27日 AM10:30

厚生労働省の「薬剤師の養成および資質向上等に関する検討会」は25日、薬学教育の現状について参考人からヒアリングを行った。構成員からは実務実習体制について、受け入れる施設と学生側の認識に乖離があることなどを指摘する声が上がった。現場で活用できる科学的思考を養うため、各大学の研究の質を評価する仕組み構築を求める意見も出た。

鈴木匡参考人(名古屋市立大学薬学研究科教授)は、薬学実務実習の展望として、画一的な実習から地域や実習生に合わせた実習への転換、時代のニーズに合った臨床準備教育の充実、指導薬剤師の質を担保することなどがより充実した実務実習に必要とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/NCBN】新薬創出へ産学官共同研究-疾患別情報統合DBを構築
  • 【厚労省】1年以上の勤務など要件-常勤薬剤師は半数以上
  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増