医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証

【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月20日 AM10:25

理化学研究所は、富士通と共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」が世界のスーパーコンピュータの性能ランキングである「TOP500」リストで、2期連続の世界第1位を獲得したと発表した。産業利用などアプリケーション処理性能や人工知能(AI)の深層学習での計算性能などの指標においても、それぞれ2期連続の世界第1位を獲得。6月の前回ランキング時点から大きく性能を向上していることが示され、今後、新型コロナウイルス感染症など社会問題の解決手段として利用が進む可能性がある。

「富岳」はスーパーコンピュータ「京」の後継機で、6月のランキングでは主要なベンチマークで世界1位を独占した。今回のTOP500ランキングでは、プログラムを処理する際の実行効率が82.3%と前回6月時点での80.87%を上回る測定結果を示し、世界2位である米国の「サミット」に約3倍の性能差をつけ、「京」と比較して42倍以上の性能向上を達成した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】18年度国民医療費は微増-改定影響も、例年並みに
  • 【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援-高齢化進むHIV感染者に
  • 【厚労省】薬剤師の配置時間見直しへ-年度内に一定の方向性
  • 【財政審】初年度に相応しい改定を-中間年、全品対象強調
  • 【流改懇】十分な価格交渉できず-コロナ影響、川下取引で