医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > コルヒチンの治験開始へ-新型コロナで来年1月から、琉球大学、横浜市立大学

コルヒチンの治験開始へ-新型コロナで来年1月から、琉球大学、横浜市立大学

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月09日 AM10:30

琉球大学と横浜市立大学は5日、新型コロナウイルス感染症患者を対象とした痛風治療薬「」の国内治験を2021年1月から開始すると発表した。日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受け、入院中の軽症・中等症患者に対する重要化予防効果を検証し、2021年5月に治験を終了する予定。軽症・中等症患者に対しては、富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス薬「アビガン」(一般名:ファビピラビル)が承認申請中だが、抗ウイルス薬とセットで使われる抗炎症薬として、コルヒチンの開発を目指す。

コルヒチンは、抗炎症薬として痛風、家族性地中海熱を適応に使用されている。今回の治験は、・重症化ハイリスク因子を持つ軽症の新型コロナウイルス感染症患者を対象としたランダム化二重盲検プラセボ対照多施設共同比較試験。コルヒチンとプラセボを割り付け、初日1.5mg、翌日から0.5mgを1日1回4週間経口投与した時の高感度CRPを指標とした炎症反応亢進抑制作用を検討する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【理化学研究所】「富岳」が2期連続世界一-AI計算など高性能実証
  • 鎌田医薬局長、相次ぐ後発品回収で苦言-「現場に影響、由々しきこと」
  • 【官民対話】中間年改定「慎重対応を」-国主導のAMR対策要望
  • 【厚労省・行政事業レビュー】薬価算定の審議等公開へ-透明性求める意見相次ぐ
  • 【厚労省】抗菌薬使用量10.9%減-4年連続も目標達せず