医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】止まらぬルール遵守率低下-濫用恐れの医薬品販売で

【厚労省】止まらぬルール遵守率低下-濫用恐れの医薬品販売で

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月14日 AM10:30


■全体的には改善傾向

厚生労働省は11日、2019年度「医薬品販売制度実態把握調査」(覆面調査)の結果を公表した。前回調査に比べて全体的に改善傾向が示されたものの、エフェドリンやコデインなどを含む「濫用の恐れがある医薬品」の販売ルールを遵守していない店舗やインターネット販売サイトが依然として多く存在していることが分かった。特にインターネットでの販売では、5年連続で遵守率50%を満たしておらず、改善が必要な実態が浮き彫りとなった。

調査は、薬局・薬店が店舗やインターネットで要指導医薬品や一般用医薬品が適正に販売されているかどうかを把握するため、調査員が消費者を装って実施しているもの。今回は、5036の店舗(薬局1880件、店舗販売業3156件)、500件のインターネット販売サイトを対象に実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断