医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【第一三共】抗体薬物複合体で大型契約-英AZから最大約6600億円

【第一三共】抗体薬物複合体で大型契約-英AZから最大約6600億円

読了時間:約 2分19秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月29日 AM10:30

第一三共は27日、抗TROP2)「」について、英アストラゼネカ(AZ)とグローバル開発・販売に関する提携契約を締結した。契約により、AZから契約一時金10億ドル(約1100億円)や各種マイルストンを含めて最大総額60億ドル(約6600億円)を受け取る。両社は昨年3月にも、第一三共が創製した抗HER2「エンハーツ」に関して、最大69億ドルの共同開発・販売契約を発表しており、「DS-1062」もエンハーツに続く二つ目のADCとして大型契約に至った。

眞鍋淳社長兼CEOは、同日に開催した説明会で、AZのこれまでの抗癌剤開発の豊富な経験と高い専門性を評価。「二つのADCでパートナーシップを組むことによって、かなり開発力の増強ができると考えている」と提携の意義を説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【製薬協/NCBN】新薬創出へ産学官共同研究-疾患別情報統合DBを構築
  • 【厚労省】1年以上の勤務など要件-常勤薬剤師は半数以上
  • 厚生労働省・大麻等の薬物対策のあり方検討会、大麻規制のあり方を議論-厚労省検討会が初会合
  • 東京都薬事審議会、6月から認定申請を受付-薬局認定のプロセス案了承
  • 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増