医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【19年診療行為別統計】後発品割合、7割を突破-薬剤料、調剤技術料は増加

【19年診療行為別統計】後発品割合、7割を突破-薬剤料、調剤技術料は増加

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月26日 AM10:45


■19年診療行為別統計

厚生労働省は24日、医療給付の受給者に関する調剤行為の内容などをまとめた2019年「社会医療診療行為別統計」の結果を公表した。薬局調剤では、1件当たり点数、処方箋1枚の受付1回当たり点数共に前年より総数が増加した。調剤行為別では、薬学管理料は減少した一方で、薬剤料、調剤技術料は増加に転じた。後発品の種類数の割合は総数で73.1%と伸び、7割を突破した。

調査は、昨年6月審査分として審査決定された医療保険制度の診療報酬明細書と調剤報酬明細書のうち、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)に蓄積されている全数集計を対象としたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応
  • 【厚労省】安定確保薬のリスト案公表-セファゾリンなど506品目
  • 【福井県】代替困難品9品目を除外-小林化工の停止命令から