医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【19年診療行為別統計】後発品割合、7割を突破-薬剤料、調剤技術料は増加

【19年診療行為別統計】後発品割合、7割を突破-薬剤料、調剤技術料は増加

読了時間:約 2分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月26日 AM10:45


■19年診療行為別統計

厚生労働省は24日、医療給付の受給者に関する調剤行為の内容などをまとめた2019年「社会医療診療行為別統計」の結果を公表した。薬局調剤では、1件当たり点数、処方箋1枚の受付1回当たり点数共に前年より総数が増加した。調剤行為別では、薬学管理料は減少した一方で、薬剤料、調剤技術料は増加に転じた。後発品の種類数の割合は総数で73.1%と伸び、7割を突破した。

調査は、昨年6月審査分として審査決定された医療保険制度の診療報酬明細書と調剤報酬明細書のうち、レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)に蓄積されている全数集計を対象としたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【諮問会議】中間年調査の実施確定-骨太方針原案に記載なく
  • 【九州豪雨】卸の営業所が機能停止に-医薬品供給は連携でカバー
  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価